読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焦点

でっかいことに焦点を

【読書録16006】 空海の風景(上)

マイブームは空海

 

空海の風景〈上〉 (中公文庫)

空海の風景〈上〉 (中公文庫)

 

 

空海の一生を丹念に追いかけた一冊。

司馬遼太郎のこだわりもあったようでだいぶ事実ベース。

空想で補っているところはちゃんと分かるようにできている。

 

意図しているんやろうけど空想が進みすぎている部分もちらほら。

そこがこの本の面白さ。

 

すごく空海について考えたんやろうな、ということがわかる。

 

この上巻では、生まれ~遣唐使まで。

遣唐使のときは、通常20年のところ、

空海は2年足らずで完全に密教を完全に修めて日本に帰国したという。

 

そこの詳細、特に前半部分が綿密に語られている。

 

空海に興味があればぜひ。

 

遣唐使の後半から始まる下巻も面白い!