読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焦点

でっかいことに焦点を

昼ビール

背徳感と共に。


今日から夜勤。出勤は夜の21時。体内時間を12時間ずらす。少し遅くなって、今は夜中の2時すぎ。明るいうちのビールをたしなむことに。

冷蔵庫を開けてビールを取り出す。今日のビールは、限定販売のアサヒゴールド復刻版。こいつがうまいんよ。カップは後輩がくれた銅マグ。冷蔵庫でキンキンに冷やしてある。右手にビール、左手にマグをもち、部屋へてくてく移動。部屋の壁に今日貼ったワンピースのポスターを眺めながら、ビールを開ける。プシュッ。香りが立ち上がる。たまらず、すかさず、銅マグを持ち上げる。小さく乾杯。いよいよビール。口につける。マグの冷たさが、唇を突き刺す。流れこむビール。舌の上を通りぬけ、喉にぶち当たる。炭酸と苦味が喉から口へ広がる。胸を通り抜ける爽快感。

350ml缶、あっという間のできごとでした。

じんわり広がる幸せ感。

今夜もがんばるぞー!!