読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

焦点

でっかいことに焦点を

090013: マイクロソフトでは出会えなかった天職  

ジョン・ウッド 著


マイクロソフトが最も発展していた90年代に、マイクロソフトのマーケティングディレクターとして活躍していた著者が、夢そして他人のために会社をやめ、一生懸命突っ走っている物語。

夢の内容は、発展途上国の子供たちに本を送る、贈ること。

そのために徹底的にロジカルに行動している。

感動や勢い、だけではない。

マイクロソフトで学んだ「成功に近い方法」を、徹底的に追求している。


ボランティアの組織においても、利益を求めることが重要と述べていた。

この考えは、大事なのかもしれない。


目の前のことを根性で頑張ることはとても大事。

その頑張りを役立たせるため、大局から見て方向をコントロールすることも大事。


多くの人はどちらかになっているんだと思う。


こういう方の書いた本を読んで、その視点を擬似的に学んで、生きていきたい。